ABCD学院とは

ABCD学院の“ABCD”は
Academy of Business Communication & Debate
を意味します。

同時に D はディベートだけでなく、他の人との差別化を図る Difference も意図します。 すなわち 生徒が 『大統領にも "No"といえる英語』 をしゃべれるよう育成するのが 私共スタッフの目標です。
大統領はともかく、ビジネスの世界で存在感を示すには『単なる英語』を習っていたのでは不可能です。

Critical Thinking, Objectives, Multi ways, 目的達成

 ABCD学院長・千葉 紘一からの一言

35年間、熱システムエンジニアであった千葉は、1999年現IHIを早期退職し、下記の理由で(株)ABCD研究所を設立しました。なお、千葉の略歴は講師紹介欄をご参照ください。
1990年代、国際宇宙ステーション・プロジェクトに係り、ここでNASAやGEのエンジニアとディスカッションをし、また仕事の方法を学び、ショックを受けました。即ちこれが
クリティカル・シンキング手法であり、その重要性を知り、この手法は何も、宇宙開発だけではなく、広く応用すべきものと考えました。当時、残念ながら日本ではあまり知られていないため、英会話のみならず、特に、ディスカッションやディベートを方法論として教える教室としてこの学院を設立することとしました。


ビジネスでのネゴ、欧米の大学授業でのディベートやディスカッションにおいて、広い知識と相手に対する理解、そして意味があり、しかも説得力のある発言が不可欠です。

最近、ハーバード大サンデル(Sandel)教授による白熱授業が注目を集めています。当学院は10年前からディスカッション/ディベートの重要性を主張し今日まできています。これは日本人が最も苦手とするところです。そこで当学院では“考えさせる” すなわちクリティカルシンキング能力を養成します。

クリティカルシンキングとは!?

お問い合わせはこちら

 

ABCD学院の講師

ABCD学院のブログ

体験レッスンについて・MAP

ページトップへ