ABCD学院とは

What is "CRITICAL THINKING"?

ビジネスで役立つ’、‘論理的に話す際に必要’など、最近では更にクリティカルシンキング (”超論理思考”と当学院では呼んでいます)の必要性が高まってきています。

では、何故それが必要なのでしょうか?また、それはどうすれば身に付くのでしょうか?

クリティカル・シンキングとは虫観図的視野から鳥観図的視野へと見方を広げ、種々の方法で全体のプロセスを考え、最後にトータルで絞り込み、結論に導く方法をいいます。
常にこれが「最善か」を考えることが大切です。これが批判的思考と言われる理由です。

Critical Thinking, Logical Thinking, Trade Off, 目標達成, 複数の到達方法プロセス

つまり、 普段の思考から一段上のアドバンストな考え方を持つことができるようになるスキル、それが クリティカルシンキング です。

メリット

  • 相手にしっかりと納得してもらえる、 説得力のある話ができるようになる。
  • 相手との信頼関係が生まれ、 「Win-Win」な関係が築けるようになる。
  • 発想の観点が増え、一つの物事に対して様々な見方ができるようになる。

ポイント

  1. <Logical>  論理的であること
  2. <Objective>  客観的な視野をもつこと
  3. <Multirateral>  多角的に考えること

これを通して自己中心的な 自分に対しても批判的であること = Critical Thinking 能力が培われるのです。

物事に対して少し見方(観点)が変わるだけで、発想も変わり、自然と 探究心・向上心 が湧いてくるものです。
また、自分に対しても批判的になることで、 自己中心的ではないか、他の見方・考え方はないかなど自分をマネジメントする力 も身に付きます。この力はこれからの時代に最も必要とされるものです。
上の3つのポイントを意識しながら物事への決断をする訓練をすることで、より高度で論理性のある思考能力を高めることができます。

How To Achieve The Skill of “CRITICAL THINKING”?

クリティカル・シンキングの訓練の第一歩は「二項対立思考」をマスターすることです。二項対立思考とは正面から発想するだけでなく、反対の面から考えることです。
これはまさに賛成派と反対派に分かれて討論するディベートそのものなのです。
当学院がディスカッションやディベートを中心とした授業を行なうのはこのためです。ディベートはこの他ビジネスでも有効です。

発表能力の訓練, 情報収集力, 広い視野の一般常識, ディスカッション能力, 相手の意見を聞き取り理解する能力

上図をもう少し分かりやすくまとめてみましょう。

必要なスキル ディベート ビジネス
プレゼンテーション能力
戦略立案能力
(クリティカル・シンキングが必要)

ただし客先とのWin-Winの関係が必要
ネゴシエーション能力
Win-Loseの関係で良い

ただし客先とのWin-Winの関係が必要
ビジュアル・エイズの制作

上表からお分かりの通り、ビジネスにおいて必要なスキルのほとんどをディベートのスキルでカバーできます。
したがって、ディベートのスキルがアップすれば、必然的にビジネスのスキルがアップすることになります。
クリティカルシンキング能力を身につけて、今までとは違う世界に触れてみましょう!

お問い合わせはこちら

 

ABCD学院についてTOPにもどる

ページトップへ