ABCD学院 メールマガジン 2016年5月号

Debate: Topic and Outline
毎月行われているYYクラブのディスカッションの概要(英訳と日本語訳あり)


昨年11月のYYクラブでは、「EUへの難民問題」を取り上げてディスカッションしました。この時、時間がなくて「日本がどう対応すべきか」議論出来ずに終わりました。そこで、その後、日本が難民を受け入れるとしたら、どのように対応すべきか、また、過去には、逆に、例えば、明治維新に政情不安から、避難するため移民する日本人がかなりの数おりました。また、政府も戦後も、ブラジル等へ移民と言う名で、日本人を海外に移住させてきました。その後、これら日本人移民はどの様に外国に受け入れられ、活躍したかを調べて来ました。それらの調査結果、今日のEUへの難民問題と比較して、日本への受け入れをどのようにすべきかを論じたいと思っています。また近く、本件について3月中旬に、関東TMCでプレゼンを行ってきました。その時のプレゼン内容の一部をご参考に供します。

以下のように、毎月述べていきます。
・2月:米国への移民:歴史と現在の状況と問題点
・3月:ブラジルへの移民:  同上
・4月:ペルーへの移民:   同上
・5月:ペルーへの移民:日本人の成功者例(1):野内与吉

In YY club last November, we discussed refugee issues concerning EU. At that time, we could not discuss "how should Japan take an action on the problem" due to the lack of time. Therefore, if Japan does accept refugees, how should we take measures? And on the other hand, for example, there were many Japanese who migrated due to political instability of the Meiji Restoration. Also, the government, even after the war, made Japanese people migrate overseas, such as Brazil. After that, we studied how Japanese migrants were accepted in foreign countries and how they took part. I would like to discuss how Japan should deal with refugees by looking at the results and by comparing with the recent EU refugee issues. I gave a presentation about this at Kanto TMC in the middle of March.
I am going to state the following each month.
・February: Immigrants in the US: The history, current situation, and
its problems
・March: Immigrants in Brazil: Same as above
・April: Immigrants in Peru: Same as above
・May: Successyful Nikkei person (1): Yokichi Nouchi

This time, I would like to write about successuful nikkei person(1) of Peru.

(3) Peru: Machu Picchu village: The story about first president Yokichi Nouchi ( from Otama village in Fukushima)

In 19XX, he was born in an affluent farm family in Otama village in Fukushima. After he grew up, he had a dream that he want to make a success, and he moved to Peru.  At first, he worked in the farm.  However, he quit the job within a year, and roamed around the United states, Brazil and Bolivia because the contract was different.

 

Around 1923, he returned to Peru, and worked at the national railway Cusuco-Santa Ana lineFCSAand involved with the operation of the train for the company and the construction for expanding the railway. 

In 1929, The railway between Cusuco and Machu Picchu was completed.  Later on, he got married with the local woman, and had four children.  His deft hands brought the water from the river to Machu Picchu, the place in the middle of nowhere and made the fields and the water power plant, which brought the electricity to the village. He also repaired the broken machines in the village, and contributed to the Machu Picchu village as a innovator, which made everyone happy.

In 1935: He constructed the first full-scale wooden architecture called ‘Hotel Nouchi’.  It was the great hotel with three stories and 21 rooms. He also offered the hotel for the village; the first floor was the post office, and he offered the Koban for free.  Later, he made the room for village mayor and the court. 

In 1939~1941: He worked as an administrative officer that is the chief executive in Machu Picchu.  In 1941, this village was approved as the village. 

In 1947: The river in the village was over flooded, and there was a damage from a landslide in the village.  He requested the emergency support to the local government.

In 1948: Yokichi was appointed as a village mayor for the recovery from the order of the local government, and played an important role.

In 1950: In order to work for Peru national railway, Cusuco-Santa Ana line again, He moved to Cusuco. He worked there until he retired.


↓日本語訳

ペルーへの日本人移民の歴史(続)

4)日系人成功者の紹介:以下は時代順にお伝えする。

① マチュ・ピチュ村の初代村長・野内与吉(福島県大玉村出身)与吉の物語

189511月:福島県大玉村に裕福な農家に生まれた。成長してから、海外で成功したいという夢を描いて、1917年にペルーに渡り、最初、農園で働いたが、契約内容と異なるため、1年で辞め、米国やブラジル、ボリビアなどを放浪する。

1923年頃、ペルーに戻り、クスコ県にある国鉄・クスコーサンタアナ線(通称FCSA

に勤務し、会社専用電車の運転や線路拡大工事に携わった。

1929年に、クスコ―マチュ・ピチュ区間の線路が完成した。その後、現地女性と結婚し、4人の子供を授かった。手先の器用であった彼は、何もないマチュピチュ村に川から水を引いて畑を作り、水力発電所を作り、村に電気をもたらした。また、村で故障した機械を修理したり、創意工夫に富み、マチュピチュ村のために貢献し、皆に喜ばれた。

1935年:この村で初の本格的木造建築のホテル「ホテル・ノウチ」を建てた。3階建て、21室の立派なホテルであった。またこのホテルを村のために提供し、1Fは郵便局、交番として無償で提供した。後に、村長室や、裁判所も設けた。

19391941年:マチュピチュの最高責任者である行政官を務めた。41年にこの村が村として正式に認められた。

1947年:村の川が氾濫し、村は大きな土砂災害を受けた。住民と共に、地方政府あてに緊急支援を依頼した。

1948年:その地方政府からの命令で復興のために与吉は村長に任命され、活躍した。

1950年:彼はペルー国鉄クスコ-サンタ・アナ鉄道で再度働くため、クスコへ移住した。

定年までここで働いた。その後は、5人の子供の内の一人息子・セサル・野内に引き継いだ。

しかし、最初に記した通り、当時の日系ペルー人は「故郷に錦を飾る」こと願望としてあったが、野内はそのようではなかった。1958年に当地に三笠宮が訪問した折、長女・オルガが花束を送呈したことが新聞に掲載され、日本の家族がこの新聞で与吉の消息を知ることとなった。1968年日本にいる家族が旅費を集め彼を日本に招いた。逸話がある位である。

著者コメント:
これまで述べてきたように、日本人移民は夫々に努力し、成功してきた。しかし、住民から、心から歓迎された例は少ない。成功すれば、やっかまれ、特に日系人が固まっている場合、暴動まがいの乱暴を受けたりしている。これには互いの理解と、協調が必要であり、与吉の働きを学ぶ必要がある。

お問い合わせはこちら

 

ページトップへ