Debate: Topic and Outline
毎月行われているYYクラブのディスカッションの概要(英訳と日本語訳あり)


反・グローバル化の動き

新たな年2017年を迎えて早くも、3か月が過ぎました。昨年以降世界で、反・グ
ローバライゼーションの動きが広がってきた。そこで、昨年8月号で国民投票結
果の傾向分析を既に述べたので、真の原因分析を行い、今年およびその先の見通
していきたいと思います。先ず、英国でのBREXITの動きと原因を分析して、述べ
ていきたいと考えます。

2105年以降、シリアからの難民問題を抱える欧州とメキシコからの不法移民問題
を持つ米国等のこれまでのグローバル化の先頭にあった国々がドアを閉める動き
となってきた。即ち、反・グローバル化である。エマニュエル・トッド氏は言う。
「グローバリズムの危機」「グローバリズムの終焉」と・・。「実際、何故そう
なのか?今後、どうなるのか?」考えてみたい。今月は米国のトランプ大統領の問
題を取り上げていきます

II. Movement towards Anti-Globalization in the US

1. Trend of the United States itself
In the United States, demonstrations of middle class were held in NY
earlier last year (2015). It is due to the dissatisfaction of the
middle class that from their point of view "only 1% of wealthy people
dominate politics,". Presidential candidates have not been campaigning
towards the middle class, especially not in the recent presidential
election. It can be said that the election result is a cause of this.

This class was not structured and candidates did not consider them to
be a reliable support body.
The reason that this problem became noticeable recently seems to be
that the gap between rich and poor has expanded. Middle class cannot
see their clear future, becoming politically distrustful. And one can
say that they have learned to influence politicians systematically.

In addition, recently, we cannot ignore the impact of French economist
Piqueti, who logically explained this "expansion of economic disparity"
in his book "capitalism of the 21st century". In his book he argues, "
Historically, in capitalism, income disparity tends to expand
historically and it will continue to expand in the future". It seems to
have become a reality.

These influences have also led to people's growing support for
Democratic presidential candidate Mr. Sanders.
While Mr. Sanders is in the United States, he is a self-proclaimed "
democratic socialist", and it didn't stop people from supporting him.
In spite of his age, he continued to fight relentlessly to the very
last day for the Democratic Party nomination. That is, in other words,
he "collected frustrations of American middle class." This is exactly
the reverse version ofthe Democratic Party (Trump phenomenon).

President Trump also criticizes allies. For example, he says, the 
Americans are lending a "nuclear umbrella" to Japan for little
compensation, so Japan and South Korea should have their own nuclear
weapons." This would appeal to the general public of the US.

However, the criticism of the allies would not only upset the allies,
but would also benefit China and Russia. Could it be that he is not
giving it a serious thought? Some argues that all he cares about is
collecting votes. In other words, winning the election is all that
matters. It is populism at its best.
In short, both party candidates were conspicuous only for domestic
opinions, and speaking of Trump, he has been criticized heavily for
female-related scandals. Unlike former presidents, Trump strike many as
narrow-minded without arguing and claiming his policy as a world leader.

After becoming president, regardless of domestic problems, the US
cannot cope with global problems and the world will only become
confused.
In other words, it is a typical example of anti-globalization,
and those countries, including Japan, who have been negotiating TPP
under the Obama administration, have been overturned at the final stage,
and they are not happy. With a policy that only prioritizes theirown
country, "America first," as Trump says, it will not be able to
cooperate, not even with its neighboring countries, and eventually, the
world might be led by China and Russia. At such a time, for the first
time the American people would get a wake-up call and the Trump regime
would be stagnated. However, it will be too "late".


Written by Mr.Chiba and translated by Mr. Sasaki

ご参考(日本語訳)
II. 米国のAnti-Globalizationへの動向
1. 米国自体の動向
 米国では、昨年(2015年)はじめNYで、中間層のデモが行われた。中間層から
見ると「たった1%の富裕層が政治を支配している」ことへの不満からである。
これまで、特に大統領選挙では候補者はこの層(中間層)に向けて運動をしてこ
なかった。それへのしっぺ返しと言えよう。
この層は組織化されておらず、候補者は支持対象として見なさなかったからであ
る。
この問題が最近になって顕著となった理由は、貧富の格差が拡大してきたと考え
られる。かれらは将来の自分の姿を描けず、政治不信となってきている。そして、
政治家を組織的に動かす術を知ってきたと言える。

さらに、最近、この「経済格差拡大」の見解を論理的に説明したフランス経済学
者・ピケティが彼の著書「21世紀の資本主義」で述べていることも影響している
と思われる。彼の著書の中で「資本主義では歴史的に所得格差は拡大する傾向に
あり、今後も拡大するであろう」と述べている。将に現実となっていると思われ
る。
そして、これらの影響は民主党候補・サンダース氏への支持にも繋がっている。
サンダース氏は米国に居ながら、彼は自称「民主社会主義」と言って憚らず、な
お、支持されてきた。しかも高齢ながら、民主党・党首選挙にぎりぎりまで健闘
してきた。即ち、彼は取りも直さず、「米国民の中間層の不満をかき集めた」と
言える。これは将に、民主党内の逆バージョン(トランプ現象)と言える。
トランプ候補は同盟国へも批判をしている。例えば、「日本へは"核の傘"を貸し
ているが、代償が少ない。であれば、日本や韓国は独自に、核を持つべき」と。
これは一般の米国国民へはアピールするであろう。

しかし、同盟国への批判は同盟国に反発を招くだけでなく、中国やロシアを利す
ることとなる。このことに、彼はあまり深く考えていないのではないか?票を集
めればよいと考えている節がある。即ち、選挙に勝てればよいと・・・。将にポ
ピュリズムだ。
要するに、両党首共、国内向けの意見ばかりが目立ち、究極は女性のスキャンダ
ルで、ひんしゅくをかっている。これまでの大統領とは違い、世界のリーダーと
しての自分の政策を議論し、主張することなく、小粒である。これでは大統領に
なってから、国内問題はともかく、世界的問題には対処できないので、世界は混
乱するばかりとなろう。
一例として、兩候補ともTPPに反対である。即ち、反・グローバルの典型的例で
あり、これまで、オバマ政権下でTPPをまとめ様と協議してきた日本を初めとす
る各国は最終段階でテーブルを引っ繰り返され、シラケている。トランプの言う
様に「アメリカ・ファースト」として自国のみ優先した政策では近隣を含め、協
力出来なくなり、やがては、中国やロシア主導の世界となろう。この様な時、初
めて米国民はシマッタと考え、トランプ政権は挫折することとなる。しかし、
「遅かりし」となろう。

    以上

お問い合わせはこちら

 

ページトップへ