Debate: Topic and Outline
毎月行われているYYクラブのディスカッションの概要(英訳と日本語訳あり)


反・グローバル化の動き

新たな年2017年を迎えて早くも、4か月が過ぎました。昨年以降世界で、反・グ
ローバライゼーションの動きが広がってきた。そこで、昨年8月号で国民投票結
果の傾向分析を既に述べたので、真の原因分析を行い、今年およびその先の見通
していきたいと思います。
先ず、英国でのBREXITの動きと原因を分析して、述べていきたいと考えます。

2105年以降、シリアからの難民問題を抱える欧州とメキシコからの不法移民問題
を持つ米国等のこれまでのグローバル化の先頭にあった国々がドアを閉める動き
となってきた。即ち、反・グローバル化である。エマニュエル・トッド氏は言う。
「グローバリズムの危機」「グローバリズムの終焉」と・・。「実際、何故そう
なのか?今後、どうなるのか?」考えてみたい。

今月は米国のトラン大統領の問題を取り上げていきます

II. Movement towards Anti-Globalization in the US

2. External influences: Impact on Japan
Mr. Trump's remark "Japan should also have nuclear weapons" let the
citizens make a mistake, and the fact that Japan is silent sends the
wrong message to the world. It should be immediately argued as a
government and it is extremely important to clearly communicate the
intention of Japan. This (argument) will also help Americans not to make
the wrong choice.
In September Mr. Ishihisa of the LDP strongly argued that "Japan woul
never possess nuclear weapons". Although this is important, it is
 important to refute as the Japanese government.
If North Korea possessed nuclear weapons, Japan still would not possess
them.
Of course, the national opinion would be divided. If Japan is to
possess nuclear weapons, it would spread all over the world. It is time
to practice patience. It is Gandhi's no-resistance. We only have to
take world opinion on our side. Otherwise, it will trigger a chain
reaction and the world would be filled with nuclear weapons. I think
that Japan, as the only atomic bombed country, should not possess them
no matter what.

3. Can the United States continue to be the world leader?

3.1 Professor Joseph Nye’s view
Here I would like to introduce the opinions of Joseph Nye, the
university distinguished service professor at Harvard, from his latest
book, “Is the American Century Over?”
He developed a concept called “Soft power.” He argues that in
politics, there are two different kinds of powers. Here we consider the
power as “the ability to influence the behavior or interests of others.
” And according to him, this kind of power can be either “hard” or “
soft.”
①HARD POWER uses the means of enforcing or rewarding
②SOFT POWER uses the means of attractiveness or persuasion of the
leader
To demonstrate the maximum capacity of a leader, SOFT POWER is
important.
And the leadership of the US is based on the following factors:
・Ability to welcome immigrants and the population increase as a result.
 That is, the increase of applicants for migration.
・ Entrepreneurial spirit that creates innovation.
・ The world's best higher education system, though their tuitions may
   be high.
・ Exhibit leadership in the international community, providing global 
  public goods (such as international currency and dollars) and global
 internet systems.
These will lead to an increase in world public opinion in favor of the
US leadership.
Also, Mr. Nye points out:
・The wider the US decline theories spread, the more the importance of
 the SOFT POWER concept.
・The US position in the world economy is definitely declining with the
 rise of new powerful countries such as China, in terms of SOFT POWER
 the US continues to be at the top.
・ The largest number of allied nations

Conclusion of his opinions;
Along with the US superiority in the military HARD POWER, the American
century is expected to continue.

Considering the points above, what policies the US should adopt?
① Demonstrate its strong leadership in creating global public goods
・       Manage and maintain international key currency/dollar
・       Secure the freedom of navigation
・       Address environmental issues
② Limited military intervention
・       Maintain the military balance between East Asia and Europe
・       The US should refrain from getting deep into occupation and   
  managementin the Middle East; it is reasonable to take a
  containment strategy from outside

Written by Mr.Chiba and translated by Mr. Sasaki

ご参考(日本語訳)
II.  米国のAnti-Globalizationへの動向
2.      対外的影響:日本への影響
トランプ氏の発言「日本も核兵器を持つべきである。」は米国民へ誤った選択を
させ、また、日本がこれに対して黙っていることは世界に誤ったメッセージ伝え
ることとなる。直ちに政府として反論すべきであり、日本の意思を明確に伝える
ことは極めて重要である。
このことは(反論すること)米国民へ間違った選択をさせないことへの支援とも
なる。
9月に自民党の石破氏は「日本は核兵器を保有することはない」と強く否定した。
これは大切であるが、日本政府として反論することが重要である。
もし、北朝鮮が核兵器を保有したとなった時、日本はそれでも持たないとする。
当然、国論は割れるであろう。もし、 日本も核兵器を保有するとなったら、世
界中に拡散することとなる。ここはがまんである。ガンジーの無抵抗主義である。
世界世論を味方にするしかない。
でなければ、核兵器への連鎖となろう。唯一の被爆国として断じて保有してはな
らないと考える。


3.米国は今後も世界のリーダーとなれるか
3.1 ジョセフ・ナイ教授の意見
ここではハーバード大学の学長を歴任したジョセフ・ナイ教授の「アメリカの世
紀は終わらない」から彼の意見を紹介する。
彼は“ソフト・パワー”の考えを提唱している。政治的パワーは下記の2つがあ
ると述べる。
ここでパワーとは「他者が自分の望む行動を取るよう影響を与える能力と言える。
そして、このパワーにはハードとソフトがあるとしている。即ち、
①       ハード・パワーとは:これを強制や報酬で行わせる力
②       ソフト・パワーとは:リーダーの魅力や説得による力
リーダーシップ発揮するにはこのソフトパワーが大切になる。
そして、米国のリーダーシップの基となるものは以下である。
①       移民を受け入れる能力とそれに伴う、国内の人口増加のキャパシティ
即ち、米国への移住希望者の増加
②       イノベーションを生む起業家精神
③       授業料は高いが、世界最高の高等教育制度
④       米国が国際社会でリーダーシップを発揮してグローバルな公共財(国際通貨
・ドルなど)や、インターネットシステムの提供
これらは米国のリーダーシップを受け入れる世界世論の増加につながる。
また、ナイ教授はソフトパワーの評価では以下に言う。
①       米国の衰退論が増すにつれ、ソフトパワー論が重要性を増している。
②       米国は確かに、世界経済の地位は中国等の新興国の台頭によって相対的に低
下しているが、ソフトパワーでは米国が引き続きトップである。
③       同盟国や友好国の多さでも、トップである。

結論:
軍事面でのハードパワーの優位性と合わせ米国の世紀は今後も続くと思われる。

上記観点からみて、米国の取るべき政策は如何にあるべきか。
①       グローバルな公共資財創出におけるリーダーシップ発揮
・国際基軸通貨・ドルの運営
・航行の自由の保障
・環境問題への対応
②       限定的軍事力介入
・東アジアと欧州の軍事バランスを維持する。
・中東では占領や管理に深入りせず、外部から封じ込めの政策を取ることが適当
である。

お問い合わせはこちら

 

ページトップへ