Debate: Topic and Outline
毎月行われているYYクラブのディスカッションの概要(英訳と日本語訳あり)


この項では、先月は「アメリカは中国に取って変わられるか?」
について議論しました。
そもそもは、「反・グローバル化が進む現在、グローバル化は今後どのように
なるか?」を論議することが始まりでした。そして、これまで約1年間議論してき
ました。今月からこのテーマも最終段階を迎え、結論として、今月と来月にわたり、
下記2項目についてまとめたいと考えています。
(1)EUを維持するための問題点       (8月)
(2)トランプは米国の分断を避けられるのか?(9月)

 III. Overall Conclusion

1. Is true globalization possible?
So far, as a reality, I have described the tendency of countercurrent
to globalization. I think that internationalization cannot be stopped
from an international point of view. That is, even if you temporarily
move in the opposite direction, internationalization will proceed in
the future. However, for this to happen, we need to deal with the
current problems and improve.
So what is the problem? I will consider problem areas and make
suggestions for improvement.

2. How can the EU system be democratic?

2.1 Democratization plan of the EU
As mentioned in Chapter 2.1, the EU system is not a complete democratic
regime. It is necessary to rectify this. Let me propose one plan. By
introducing this system, the problem of chapter 2.3 of the previous
chapter would also be solved.
According to the current EU regime, the German and French leaders
decide practically everything (or, in other words, the dictatorship
system of Prime Minister Merkel of Germany).  As a plan to rectify this,
 I have three proposals:
(1) Choose representatives for each country, and elect the president by
mutual vote among these representatives. It is the procedure for
choosing the Japanese prime minister.
(2) Make multiple candidates in the EU in advance, and election would
be held at the same time for each country. If a candidate with the vast
majority of votes earns more than half of the votes, the candidate
would be elected as president. If it is less than half the final ballot
would decide between the two candidates with the most votes.
(3) Make multiple candidates in the EU in advance, then elect a fixed
number of electors proportional to the population of each country, like
the federal system of the United States. Eventually the electors would
nominate president in parliament. 

2.2 Re-organization of complex bureaucracy
In principle, each country sends a fixed number of bureaucrats
proportional to its population to the central EU. However, it is
necessary to clarify the necessary roles.

2.3 In principle, EU federal law should be prioritized over the laws of
each country.
However, the bylaws would be left to the laws of each country and EU
federal law should embrace a big spirit like the Constitution.


2.4 Refugees and immigrants issues should follow the resolution of the
EU Council.

 
Written by Mr.Chiba and translated by Mr. Sasaki

III. 結論
1. 真のグルーバライゼ―ションは可能か?
 これまで、現実として、グローバライゼ―ションへの逆流の傾向を述べてきた。
国際的な見方として国際化は止められないものと考える。即ち、一時的に逆方向
に動こうとも、将来はまた、国際化は進められよう。ただし、このためには、現
状の問題点を洗い、改善していかねばならない。
このため、問題点はなにか?その改善策はなにかについて考察し、提案する。

2. EUシステムの民主主義化をどうのように図るべきか
2.1 EUの民主主義化案
第2.1章で述べた通りEUシステムが完全な民主主義体制となっていない。これを
是正する必要がある。そこで一つの案を提案するまた、このシステムを導入する
ことにより、前章2.3章の問題解決される。
現在のEU体制ではドイツとフランスの首脳が(もっと言えばドイツのメルケル首
相の独裁体制といえる)これを是正する案としては、3つの案
(1)各国毎に代表者を選び、この代表者同士で大統領を互選する。日本の首相
を選ぶ要領である。
(2)予め、EU内で大統領候補を複数立候補させ、各国毎に同時に選挙し、大多
数の得票を得た者が半数以上獲得すれば、その候補に決定され、もし、半数以下
であれば上位2名の決選投票によって決定される。   
(3)予め、EU内で大統領候補を複数立候補させ、その後、米国の連邦制のよう
に各国の人口に比例した選挙人を選び、最終的に選挙人が議会で大統領を指名す
る。

2.2 複雑な官僚機構の整理
原則、各国毎に、人口に比例した定数の人員の官僚を選ばせEU中央に送る。ただ
し、必要な役割を明?にしておく必要がある。

2.3 EU連邦法は各国の法規よりも原則優先させる
しかし、細則は各国の法規にまかせ、憲法のような大きな精神を謳うこととする。

2.4 難民、移民の受け入れ、EU議会の決議に従うこととする。

                       以上

お問い合わせはこちら

 

ページトップへ